内臓脂肪を減らすためにはウォーキングなどの有酸素運動が効果抜群の理由について

ダイエット

あなたは、ダイエットと聞いてどんなことを思い浮かべますか?

普通、体重を軽くしてスリムな体型にするために体脂肪を減らすことすることがダイエットだと思うはずです。

確かにその通りなのですが、体脂肪を減らすダイエットがあるいっぽうで、内臓脂肪を減らす為のダイエットもあります。

では、内臓脂肪を減らすダイエットとは一体どのようなものなのでしょうか?

まず、内臓脂肪ダイエットの特色は、何よりも内臓の周囲に存在する内臓脂肪を運動などで消費することを目指している点です。

内臓と内臓の間や周囲にある内臓脂肪は、皮下脂肪より毛細血管がたくさんあるという特性があるといいます。

血液中に溶解することで燃焼されるのが脂肪の燃焼プロセスなので、内臓脂肪は燃焼しやすいというわけです。

内臓脂肪を効率的に燃やすには、有酸素運動でのダイエットが向いています。

有酸素運動によって酸素を体内に多く取り込むことで、効率的に脂肪を燃やせる体を作ることができます。

ダイエットのためには、激しい運動の方が良いように思えますよね。

ところが、短距離走のような瞬発的で短時間の運動では、蓄積されている脂肪を燃やす作用はあまりないのです。

有酸素運動に分類される運動には、ジョギングやウォーキングの他、水泳やサイクリングなども挙げられます。

ハードじゃなくても大丈夫!有酸素運動でカロリー消費量をアップし手効率的に痩せよう
...

一定時間の有酸素運動をすることは、全身の血流を促進して代謝を上げる効果もあるといいます。

新陳代謝をあげることで脂肪が燃えやすくなり、効率的にダイエットをすすめることができるようになるのです。

内臓脂肪を減らす為には、有酸素運動を積極的に取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました