肥満体型が引き起こす健康障害を知ることで健康的な体型でいる理由をしっかりと理解しよう

健康

肥満の人が最近日本でも増えていますが、肥満はさまざまな健康障害を引き起こすことはご存知でしょうか?

標準の状態よりも体内の脂肪率が高い人や、体重が多い人を肥満といい、程度には個人差がありますが、自分が肥満体型かどうかを知ることはBMIを計算することにより知ることが出来ます。

BMIが25より多く、内臓脂肪が多い人は肥満症と判断され、肥満を改善するための治療が必要であると医師から診断されます。

ではどうして、肥満体型を放置しておくと体によくないのでしょうか。

肥満は体の体積が脂肪の分だけ増えるため、毛細血管がより沢山必要になってきます。

すると心臓は今までより遠くへ血液を運ばなければならなくなり、その結果として心臓に負担がかかります。

肥満の場合は心臓病の死亡率が普通の人の1.5倍の割合で高くなるほど、心臓病という健康障害は深刻です。

肥満の人が歩くときには膝に体重の2~3倍の負荷がかかりますので、肥満が原因で変形性膝関節症などの健康障害が起こる可能性があるといえます。

同様の理由で、腰に負荷がかかることもあります。

肥満体型になると、睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。首の周囲に脂肪が蓄積されることによって、気道が確保しづらくなるためです。

その他では、高血糖、高血圧、高脂血症などの生活習慣病にかかりやすくなるといいます。

肥満改善の方法を見つけるにはまずは肥満の原因をしっかりと知ることから始めよう
...

肥満体型が理由で、女性の疾患が悪化することもあるようです。

卵巣機能の異常を引き起こし、結果として月経異常や不妊、子宮ガンなどの要因となることがあるそうです。

肥満が原因で起こる健康障害はたくさんあるので要注意で、肥満体型で悩んでいる方は健康のためにもダイエットを意識していってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました